神様ジョアン。三月の水、ブラジル、声とギター発表作すべてが名版になる人も激レアだと思う

下のプルダウンメニューより各アーティスページへジャンプできます


ジョアンなくしてボサノヴァはあり得ない。ジョビンの言葉「27才バイーア出身のボサノヴァ」は今も健在。卓越したリズム感、たった一人で最小単位のサンバを作り上げてしまった孤高の天才ジョアン・ジルベルト。ジョアンが演ればすべてがボサノヴァ。これ真実

ジョアン・ジルベルト作品レビュー

イン・トーキョーin Tokyo

先月よりアマゾンで予約していた『ジョアン・ジルベルト/in Tokyo』(2003年9月12日の東京国際フォーラムA)がようやく届いた。待ちに待った待望の公式アルバム。ジョアン72歳にして17枚目のアルバムが僕の目撃した東京公演とは、なんと素敵な事実なのでしょう。ジョアンの紡ぎ出す芸術は…‥

ジョアン 声とギターJoão voz e violão

カエターノ・ヴェローゾプロデュース'00年の最新作。研ぎすまされたジョアンスタイル、いよいよボーカルエフェクトも最小域に、まさにライブ同様『耳元にジョアンいる感』を堪能できる作品。過去の代表曲デサフィナード・シェガ・ジ・サウダージなども再録されていてとても楽しめます‥

ジョアンJoão

音楽史上最も美しいアルバムのうちの一つ『海の奇跡/BRASIL』より経ること10年'91年の作品。全編通して美しいオーケストレーションが中期ジョアンを支える秀作(と言ってもジョアンの場合すべてが傑作なんですが…)。時と共に熟成されて行くジョアン、軽快なサンバあり、祈るジョアンありの‥

海の奇跡BRASIL

カエターノ・ベローゾ、ジルベルト・ジル&マリア・ベターニアを迎え(というよりジョアン召集のもと)'80年に制作された歴史的傑作!収録曲は全部で6曲とやや少ないのですが、世紀の名テイク「ブラジルの水彩画」「バイア・コン・アガ」「ジッシ・アルゲン」この世にあり得ない美しさ‥

イマージュの部屋AMOROSO

前作『三月の水』から4年、'77年発表のNY録音。いや〜どうでしょう?このサウンド。好きな人にはたまらないでしょう!が、シンプルなジョアンが好きな人にはちとウルサイのかな!?ジョアンの作品の中では珍しくジャジー&コンセプテュアルな仕上がり(まるでサウンドトラックのよう)‥

三月の水Aguas De Março

別名『ホワイト・アルバム』ジョアン'73年の録音。タイトルトラックの「三月の水」から始まり、 嫁さん(当時)のミウシャとの「イザウラ」まで全編通してギター&パーカッシブなドラムのみで構成されいてます。 「ジョアンのアルバムの中でどれがお勧め?」と聞かれるいつもこれ勧めます‥

彼女はカリオカELA È CARIOCA

旧題名は『エン・メキシコ/En Mexico』'70年の録音。デビュー以来ブラジル ⇒ アメリカ ⇒ メキシコと渡り歩くジョアン。アストラッドの後妻ミウシャ(カエターノの姉さん)との結婚で幸せ絶頂のジョアン。ジョビン/モラレスコンビの「彼女はカリオカ」、やる気なさそなスキャットが印象的な‥

ゲッツ=ジルベルトGETZ/GILBERTO~featuring ANTONIO CALROS JOBIN

スタンゲッツ、ジョアン、ジョビン+アストラッドという超豪華な内容'63年の作品。ジョアンはゲッツの「俺おれサックス」に嫌気がさして超テンション低かったらしいが‥米国市場を強く意識し収録商業的にも大成功を納めたアルバム『ゲッツ・ジルベルト』。みんな大好き「イパネマの娘」収録‥

ジョアン・ジルベルトJoão Gilberto

デビューより3作目(1961)に当たる『ジョアン・ジルベルト』。アルバム全体のま とまりから見ると前2作よりは少々劣るものの、ヴォーカルスタイルの微妙な変化に 後のジョアンスタイルを僅かに感じることができます。の間奏部分でピアノと 口笛とのユニゾンはだれのアイデアなのでしょ‥

愛と微笑みと花O Amor O Sorriso e a Flor

1960発表の2作目。こうして『自作でっち上げMP3ジョアン初期3部作』を聴いてい るとやはり何とかして再発して欲しいものです。。本当に美しく歴史の片隅に置いて おくには非常に勿体無いと思います。全曲名曲揃いの『愛と微笑みと花』。これって いいタイトルだと思いませんか‥

想いあふれてChega De Saudade

ジョアンの記念すべきデビューアルバム('58年発表) な・なんと美しいことでしょう!そしてこの存在感!ジョアンの初々しさと控えめなアレンジ、すばらしい楽曲と軽やかなサンバ・サウンド。初期のジョアンは何といってもスキャットが多くて楽しい♪『唯一無二』とはこういう‥


 HOME | INFO | ABOUT ME | ABOUT BOSSANOVA | DISC REVIEW | GUITAR METHOD | LYRICS | HOT LINKS | BBS

info@bossa58.net