ボサノヴァの女王なんて呼ばれてますが万年青春娘だと思います。もちょい歌うまくなれよ〜

下のプルダウンメニューより各アーティスページへジャンプできます


「イパネマの娘」はアストラッドのことだと思ってる人も多いハズ(笑)デビューしたくてしょうがないアストラッドが無理に歌わせてもらったのが前記の曲だとか‥ワルターワンダレーとともに楽しくも可愛いボサノヴァサウンドの確かな体現者。最近のサウンドはちとヤバ目!?

アストラッド・ジルベルト作品レビュー

ナウ/NOW

ルック・トゥ・ザ・レインボー/Look To The Rainbow

ビーチ・サンバ/Beach Samba

アストラッド('67年)の作品。楽曲タイトルの英語表記を見ても分かる通り当時の米国音楽シーンをターゲットに制作されたアルバムと言えるでしょう。ベースにロン・カーター、アレンジにデオダードと前作『 サマー・サンバ/A Certain Smile, A Certain Sadness』同様楽しめる‥

サマー・サンバA Certain Smile, A Certain Sadness

ボサノヴァオルガン奏者唯一無二のオリジナリティー、ワルター・ワンダレーと共に'66年発表の4作目。アップ・テンポなチューンとバラッドを上手く配して聴き手を飽きさせない工夫を感じる好盤。ワンダレーの軽快なオルガン、時にしっとりしたピアノをバックに歌うアス…

いそしぎThe Shadow of Your Love

『おいしい水』につづくアストラッド本人名義のセカンド・アルバム('65年発表)アストラッドのお勧めアルバムは間違いなくこれでしょう〜。ジャケもかわいくてプレゼントにも最適です!?(笑)前作ではどこかまとまり切らない印象の強い『The Astrud Gilberto Albu‥

おいしい水Album

ゲッツ=ジルベルト(前作'63年)のブレイクで米国ジャズ界に彗星のごとく現れたアストラッド。実質ソロデビューに当たる本作『おいしい水|The Astrud Gilberto Album('65年発表)』。本当のところはどうだか分かりませんが、当時の『世界的ボサノヴァ大ブレーク』から想像すると‥

ゲッツ=ジルベルトGETZ/GILBERTO~featuring ANTONIO CALROS JOBIN

プロデューサーに頼まれ仕方なく英詞でイパネマを歌ったのがアストラッドの歌手でビューのキッカケなんて言われてますが、アストラッドが頼み込んで歌わせてもらったのが本当のところのようです(笑)『イパネマの娘』でジョアンのヴォーカルをカットさせるとは…


 HOME | INFO | ABOUT ME | ABOUT BOSSANOVA | DISC REVIEW | GUITAR METHOD | LYRICS | HOT LINKS | BBS

info@bossa58.net