ジョビンなくしてボサノヴァはありない。。これほどまでに美しい音楽はそうない。

下のプルダウンメニューより各アーティスページへジャンプできます


かつてジョアンと共に本気で『ブラジルの新しい音楽=ボサノヴァ』を構築しようとした20世紀の最高のコンポーザー、アントニオ・カルロス・ジョビン。日本ではもっぱらリラクゼーションミュージックなんぞの呼ばれ方をされてる事の多いジョビン‥

アントニオ・カルロス・ジョビン作品レビュー

イパネマの娘/The Composer of Desafinado,plays

20世紀最大のコンポーザーA.C.ジョビンの自作自演のインスト集(63年NY録音)ストリングス/アレンジは泣く子も眠る『WAVE』のクラウス・オガーマン。ジョアンも『AMOROSO』でお世話になっています(本人は思ってないと思うけど…)ジャケ写通りギターも弾いているようです。

ストーン・フラワーStone Flower

Wave

ゲッツ=ジルベルトGETZ/GILBERTO~featuring ANTONIO CALROS JOBIN


 HOME | INFO | ABOUT ME | ABOUT BOSSANOVA | DISC REVIEW | GUITAR METHOD | LYRICS | HOT LINKS | BBS

info@bossa58.net